あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2019年02月号 糖尿病の人はどれくらいいるの?

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 内科 桑野剛英医師

糖尿病はテレビや新聞などでも盛んに患者数の多さが言われています。

では、朝日町ではどれくらいの人が糖尿病なのでしょうか。

糖尿病の人の数を概算してみます。朝日町の人口は約1万2,000人です。日本の人口は約1億2,000万人ですから、朝日町の人口は日本の1万分の1ですね。国の調べでは、糖尿病と考えられる人はおよそ1千万人といわれています。すると朝日町ではこれの1万分の1である1,000人くらいかなとわかります。 もっと糖尿病の人を反映した数字で考えます。糖尿病では男女で糖尿病の人の数が違います。国の調べでは、全体として男性は18%、女性は10%といわれています。朝日町の男性は5,500人、女性は6,500人ですから、糖尿病の人で男性は1000人、女性は650人です。合わせると1,650人です。より正確に計算してみます。朝日町の2018年の年齢構成別人口(住民基本台帳ベース)と2017年男女別の年齢構成別糖尿病有病率(2017年国民健康栄養調査)を使って計算してみると、男性781人、女性655人で合わせて1,436人であり、朝日町の約8人に1人は糖尿病ということになります。自分も糖尿病じゃないかと思われた方は血液検査を受けてみましょう。


受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
各診療科によって受付時間が異なることがありますので、外来診療日程をご確認ください。なお、受付時間外であってもできるだけの対応をいたしますので一度ご連絡ください。
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック