あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2020年09月号 コロナ禍での皮膚トラブル

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 皮膚科 寺田 義之 医師


週に1回、あさひ総合病院皮膚科で診療を行っております、富山大学附属病院皮膚科の寺田義之です。今回は、コロナ禍にまつわる皮膚トラブルと題してお話しさせていただきます。


まず1つ目は、マスクによる肌荒れです。これはマスク自体の刺激や蒸れ等が原因で生じると言われております。対策としては、マスク着用前にワセリン等で皮膚を保護する、定期的にマスクを外して蒸れを逃す、汗をこまめに拭き取る等のスキンケアを行ってください。マスク自体も、いまだ自由に選べる状況にはありませんが、肌当たりの優しい、通気性の良いマスクを選択する事が望まれます。また、不織布マスクより布マスクの方が肌に優しく、布マスクでも一定の感染防御の効果はあるとされますので、布マスクを使用するという選択肢も一つと言われております。


2つ目は、手指衛生による手荒れです。仕事などによってはかなり頻回な手指衛生が必要となり、手荒れが生じて受診されるケースが増えています。こちらの対策も、基本的にはこまめな保湿となります。手指衛生を行った後に、その都度、保湿剤を使用していただく事が望ましいです。


いまだ終息が見えないコロナ禍において、マスクや手指衛生を止める事はできません。ご自身でも十分なスキンケアを行っていただき、症状が悪くなるようでしたら早期に当科を受診していただければと思います。


あさひロコモ予防体操

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
各診療科によって受付時間が異なることがありますので、外来診療日程をご確認ください。なお、受付時間外であってもできるだけの対応をいたしますので一度ご連絡ください。
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック